給水管更新工事の業者を探す方法

毎日何気なく使っている水道の水は、どのように引かれているのか知っている人は少ないでしょう。そしてもしも水道に不具合が生じたら、どのように修理を依頼すればいいのか分からない人も多いはずです。実はこれには、給水管が深く関わっているのを知っておきましょう。この管が劣化したり老朽化が進めば、私たちが利用している水道にも不具合が起こってしまうのです。給水管に問題が起これば、専門の業者のお世話になってしまうこともあります。給水の管から水漏れがする、給水が正常にできないなどという問題は、排水管の詰まりや水漏れなどの問題とは違って、素人では解決できにくいからです。特に古い時代から利用している給水管だと、更新工事が必要な場合もありますので、素人判断せずに専門業者にしっかりと判断してもらいましょう。

築年数の古い場合には、給水管の更新目安を知っておきましょう

水道局の配水場からは給水をする地区にある各家庭まで、水を運ぶための配水管につながっています。そして配水管から給水管が繋がっていき蛇口まで伸びていることで、水が蛇口から出てくるのです。給水管はそれが引かれている土地や家屋の持主が整備をしなくてはなりません。そして長く使っていると、どうしても消耗品としての問題が出てくることがあるのです。そこで給水管の更新工事が必要な時期の目安というものが一応あります。マンションなど集合住宅の場合だと、管理会社が定期的にメンテナンスすることが多いですが、一般のご家庭の場合で、特に築年数の非常に古い建物に使われた管の中には、劣化が進んだものも少なくないのです。ですから急に給水の問題が発生しないためにも、給水の管の更新時期の目安にも気をつけておく方が良いでしょう。

給水管の更新時期の目安は築年数と水道水の目視でもあります

給水管の更新工事や管工事が必要な目安は、作られた給水の管の年代や、使っている材質などによっても違ってくるでしょう。近年になれば、耐震性に重きを置いた給水管になっています。築年数の目安としては、例えばマンションなどの集合住宅では、給水設備周りも考えた場合、給水装置のオーバーホールで5年、水道メーター周辺の更新工事で15年、共有部配管の更新工事で20年くらいの目安になっている例があります。けれどもこの目安とは違った目視の段階で、蛇口をひねると赤水が出た場合などがあります。これは、給水管の一部分が、水が原因で酸化や腐食をしている可能性があり、サビや鉄バクテリア、マンガンが混入されて引き起こされている可能性があるのです。また、青い水が出る時には水道水の塩素によって銅管のイオンが溶け出して腐食している可能性があるのです。大きな破損にならないためにも異変があれば業者に相談してみましょう。