給水管の更新工事が必要な時期を知る

快適な居住空間や生活空間を長きにわたって維持していくためには、建物の給水管を定期的に更新していくことが必要不可欠です。給水管のトラブルに見舞われずに使用することは、建物の寿命を長くすることにも関わります。給水管がトラブルを起こしてしまうと、建物の資産価値も下がってしまいます。それを避けるためには、適切なタイミングを見計らって給水管の更新工事を行っていくことが大切です。給水管の更新工事を行う目安は、築年数から判断するのが一般的ですので、知っておくと良いです。築5年で給水装置のオーバーホール、築15年で水道メーターの更新、築20年で共有部の給水管を更新、築30年で専有部の給水管の更新、それ以上の築年数のものは大規模改修を行うというのが時期を考える上での目安になります。

給水管の更新を行うべきトラブルの種類

給水管の更新を行うべきトラブルは、実際に目に見えて出て来ることが多いです。赤い水が出た場合は、さびやバクテリア、マンガンが混合したためです。給水管が水によって酸化していることが原因です。しばらく使っていなかった水栓を開けた時に出た場合は軽度ですが、毎朝出るようになったり断水の後に出ると中度、常に薄く赤い色が付いた水が出る場合は高度になります。水道水の中の塩素で銅イオンが溶け出すと、青い水が出ることがあります。タオルの目地が青く染まったり水に浸けたタオルが青くなったりしたら要注意です。排水が流れない時は排水管の破損が考えられます。音がしたり屋外の枡から溢れていたら要注意です。寒冷地で高温の生活用水を流したり地盤沈下、接合部から植物の根が入り込むことで菅が破損します。

問題が起こる前に給水管の更新を行うべき

給水管の更新を怠っていると、赤水や青水が出た場合は鉄分などを過剰摂取することで健康被害を受ける可能性があります。また、継手が腐食することで破損を招く可能性があります。排水が流れなかったり排水管が腐食したり破損していれば、建物内に漏水する可能性があります。漏水してしまえば、その階以外のところにも被害が及んでしまい、損害賠償請求などの訴訟を引き起こす原因にもなります。目に見える部分だけが損傷するのではなく、目に見えない建物の基礎部分にもダメージを与える可能性があり、最悪の場合は建て替えを行わなければならなくなることもあります。建物の劣化を避けることはできませんので、不具合が出てから対処を考えたのでは時間がかかってしまうため、給水管の更新は先回りして行っていくことが肝心です。