知っておくと便利な給水管の更新工事の豆知識

給水管が劣化すると配管の内側の腐食が進み、残存肉厚の減少や詰まりが起こり、これが原因で嫌な臭いや漏水、赤水などのトラブルが発生し、日常生活に大きな影響を与えてしまいます。マンションやアパートでは、ある一定の築年数を超えたら排水管の更新工事が必要となります。その他にも外壁などの大規模修繕工事を行う必要がありますが、この2つの工事は大きな違いがあります。排水管は専用部分と共用部分、両方にまたがって一体となっています。そのため、更新工事を行う時には専有部分への立ち入りが必要となるため、住戸内へ立ち入らなければなりません。住戸内の壁や床などを解体して工事をするので、住民の理解や協力が必要となるのです。解体した後は綺麗に元通りになりますが、工事を行う上でいかにして理解や協力を得られるかが大切なポイントとなります。

安心で快適に暮らすためには給水管の更新工事が必要

使い続けることで劣化していく給水管は、15年程で内側のサビを削り落とす更生工事と、30年程で配管全体の取り換えを行う更新工事を行う必要があります。排水管は、内壁に付着している油脂分などの汚れを高圧洗浄で定期的に洗浄しますが、管全体の腐食は30年を目安に更新が必要となります。しかしこれらはあくまでも目安となるので、実際の工事は配管の状態によって判断するべきです。漏水などが起こる前に、定期的に配管をチェックすることが大切です。管の専有部分の配管の交換は、床をはがして元通りにする作業を伴うため、排水管、給水管の工事をバラバラに行うのではなく、老朽化の進み方を考えながら同時に実施するのが望ましいです。費用を抑えるために、管全部の取り換えではなく一部のみの取り換えを提案されることもありますが、結露などの問題が起こるためおすすめできません。

給水管の種類によって変わる更新工事が必要な目安

給水管の劣化は使用箇所や管の材質、さらに水質によって異なり、修繕を行うべき時期についてはかなり幅があります。一般的なマンションやアパートに使われている材質には、主に3種類があります。まず、昭和30年から40年代までは亜鉛メッキ鋼管が主流でした。水道水の塩素消毒や水温なので、亜鉛が溶け出し白水となって亜鉛が剥がれ、鉄部が現れ錆瘤を管内に形成することで赤水が発生するため、築15年から20年を目安に更新工事が必要です。その後、昭和40年代以降は水道用硬質塩ビライニング鋼管が主流となります。亜鉛の溶け出しの心配はなくなりましたが、亜鉛メッキ継手を使用しているため継手部の腐食が発生します。築30年から40年が更新工事の目安です。上記の2つより高額で、耐用年数が長いのがステンレス鋼管です。水温25度前後の常温なら100年もつと言われています。