どのような給水管の状態が更新工事の合図か

マンションのオーナーにとって、居住者により長く快適な居住空間や生活空間を提供することはとても重要ですが、居住者が快適な生活を送るためには、建物の定期的なメンテナンスも必要不可欠です。中でも、給水管や排水管の設備は長期間使用していると不具合や劣化が起こりやすく、特に定期的な更新工事や改修工事が必要な箇所ですが、建物の資産価値を維持するためには、適切なタイミングで更新工事・改修工事を行うことが大事です。また、戸建て住宅と違い、給水管が専有部と共有部に分かれているマンションでは、共有部の更新工事に多額の費用が必要となるため、修繕計画を建てる際には資金に無理の生じない範囲で行う必要もあります。しかしながら、給水管や排水管に使用されている材質は種類も多く、更新工事が必要となるおおよその目安もそれぞれ異なります。そのため、給水管や排水管のメンテナンスは定期的に受けることが大切です。

給水管の更新工事時期の目安は給水管の種類によっても異なります

排水管の劣化状況は、長年の使用状況によっても大きく異なりますが、給水管の材質はたくさんの種類があるため、更新工事の周期にはかなりの差があります。例えば、昭和30年から40年代にマンションの給水管として主に使用されていた亜鉛めっき鋼管は、水温や水道水の塩素消毒などによって、徐々に亜鉛が溶け出してしまうことから、長期間使用すると赤水が発生してしまうという問題点がありました。そのため、給水管に亜鉛めっき鋼管を使用している場合は15年から20年に一度は更新工事が必要です。また、昭和40年代から使用されはじめた硬質塩ビライニング鋼管は、亜鉛めっき鋼管と違い配管内の腐食や亜鉛の溶け出しはないものの、継手部分は亜鉛めっきが使われているものもあるため、継手部分が亜鉛めっきのものを使用している場合は20年から30年を目安に更新工事を行う必要です。

給水管はどのような状態になったら更新工事が必要なのか?

どんな材質の給水管でも、15年から20年を目安にメンテナンスを受けることが大事です。しかし、給水管の劣化状況は材質や使用状況によって大きく違うため、30年以上使用していても更新工事が不要な場合もあれば、逆に10年ほどしか使用していなくても更新工事が必要な場合もあります。また、目に見える範囲で腐食が確認された場合は、専門的な知識がない素人でも給水管の更新時期であることがわかりますが、給水管内部が劣化している場合は、素人では給水管内の状態を正確に把握することはできません。そのため、トラブルが出始めてもすぐに対策が打てるよう日頃から給水管設備の状態をチェックしておくことが大切で、特に水道から赤水や青水が出た場合は給水管の一部が酸化していたり、腐食している状態となっているため、早急な対策が必要といえます。