給水管の更新工事とはどのようなものか

給水管のサビなどによって赤い水が出るトラブルや、経年劣化によって給水管に水漏れなどが発生した時に給水管の更新工事を行う必要があります。既存の給水管を撤去した上で、耐久性に優れた新しい給水管を導入する工事となります。メリットとして、耐久性や耐候性に優れているステンレス管や樹脂管を使用することで、サビにくいため水を衛生的に使用することが可能です。既存で使われている金属管と比較すると軽量のため、施工を簡単に行うことができます。また、衝撃や凍結に強い素材となっています。そして、集合住宅での給水管の更新工事では、住民の給水を確保するために、仮設の給水管を設置して工事をしたり、共用部分の工事を行う時は、通常通り水道が使えるよう配慮した工事を行うことがほとんどとなっています。

給水管の更新工事を行う大きな目安

アパートやマンション、ビルの給排水は、長期的な視野での更新工事が必要となります。居住者の方に快適な居住空間を提供するために、定期的に給排水設備を見直すことはとても大切です。給水管のトラブルは建物のトラブルに直結するため、建物そのものを長持ちさせ資産価値を保つためにも、正しいタイミングで更新工事を行うことが大切です。一般的に言われているのが、築年数が5年で給水装置のオーバーホールを、15年で水道メーターの周辺の更新工事を、20年から25年で共有部分の更新工事を、30年で専有部分の配管の更新工事を、それ以上で大規模な改修工事が必要となっています。しかし、これらはあくまでも目安となっているため、給水管にトラブルが発生した時は築年数に関係なく更新工事などの対策をする必要があります。

給水管は赤色や水色など色のついた水が出たら更新

給水管の更新工事を行う目安として、色のついた水が出たら要注意のサインです。まず、一般的に多いのが赤水です。こちらはサビやマンガン、鉄バクテリアが混入することで起こります。給水管の一部分が、水により酸化もしくは腐食している状態となり、毎朝赤水が出たり、常に薄く赤い色のついた水が出るときは要注意です。次に水に含まれる塩素により銅管からイオンが溶けて、腐食した状態により青い水が出ることがあります。タイルが青くなったり、タオルが青く染まることで気付くことが多いです。その他にも、給水管が破損していることで排水が流れないトラブルや、汚れや酸化によるサビにより給水管が腐食している状態、地震などの強い衝撃や地中の配管に樹木の根が侵入するなどして、給水管が破損することもあるため、これらの状態の時には更新工事を行う必要があります。

千葉、神奈川も一部を除いて対応可能です。 設備に関しては素人のビルオーナー様へ、設備工事の内容を理解頂き納得行くまでご提案致します。 マンション(50世帯)給水方式を加圧方式への変更は約1ヶ月半の工期で約650万円からです。 マンション・ビルの老朽化診断を致します。 近年は施主様と「工事直販」でのお取引実績が中心です。 ライフラインの要である給水管の補修や更新ならサンコウで